行政書士シーガル事務所

ものづくり補助金で成功した企業事例―生産性と競争力の向上を実現―

お問い合わせはこちら

ものづくり補助金最新情報

ものづくり補助金最新情報

2024/05/24

ものづくり補助金についてまとめます。


こんにちは!
島田です。

今回はもっとメジャーな補助金で当事務所も多く扱ってきた「ものづくり補助金」についてまとめます。










Chapter 1: ものづくり補助金とは

 ものづくり補助金は、日本政府が製造業やサービス業の生産性向上を図るために提供している補助金制度です。正式名称は「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」であり、一般的には「ものづくり補助金」と略されています。この補助金は、製造業やサービス業における様々な改善や革新を支援し、企業の競争力向上を図ることを目的としています。

 補助金の活用には、いくつかの具体的な目的があります。まず第一に、製造業やサービス業における生産性の向上が挙げられます。これは、生産ラインの効率化や技術革新を通じて、企業の生産性を向上させることを指します。また、補助金を活用することで、新たな製品やサービスの開発・導入が促進され、市場競争力の強化にもつながります。さらに、環境への配慮や省エネルギー化など、持続可能な経営を実現するための取り組みも補助金の活用目的の一つです

 このように、ものづくり補助金は企業の成長と発展を支援するための重要な制度として位置付けられています。補助金の活用によって、企業は市場競争力の向上や持続可能な経営の実現を図ることができます。

【引用元】 経済産業省「ものづくり補助金」(https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/sangyo/kogyo_katsudo/gyousei/mfg_fund.html)

Chapter 2: ものづくり補助金の申請手続き


 ものづくり補助金を申請する際には、一定の手続きが必要です。まず、補助金を利用する企業は、申請書類の作成や必要書類の準備などを行う必要があります。申請書類は、製品やサービスの内容、投資予定額、効果の見込みなどを詳細に記載する必要があります。また、申請期間や申請方法なども確認し、期限内に申請手続きを完了する必要があります。

 申請支援業務を提供する専門家は、申請者に対して申請書類の作成や手続きのサポートを行います。具体的には、補助金の制度や条件に詳しい行政書士や中小企業診断士が、申請者と協力して適切な申請書類を作成し、事業者とともに必要な手続きを行うことが期待されます。このような専門家のサポートを受けることで、申請者は手続きの煩雑さや書類の不備などを回避し、円滑な申請を行うことができます。

 注意していただきたいのは事業計画を作成するのはあくまでも事業者自身であるということです。この点、ものづくり補助金事務局から何度も注意喚起がなされていることに留意しましょう。いわゆる丸投げをすると採択が取り消されるリスクが高まっています。

 とは言え、ものづくり補助金を活用するとキャッシュフローが楽になり、事業の効率化生産性も高まります。普通に申請している分には全く問題がありませんのでご安心ください。

 申請支援業務を受任する機関には、主に経営革新等認定支援機関があります。これらの機関は、補助金制度に関する専門知識を持ち、申請者に対して適切な支援を提供する役割を担っています。また、中小企業診断士も事業承継や引継ぎ補助金の申請支援業務を行うことがあります。行政書士や中小企業診断士を含む専門家が、ものづくり補助金の申請者に対して必要な支援を行うことで、申請プロセスの円滑化や効率化が図られています。 

 【引用元】 Ministry of Economy, Trade and Industry (METI). "ものづくり補助金の申請手続き." https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/monodukuri/hojokin/apply.html




Chapter 3: ものづくり補助金の活用事例

 ものづくり補助金の活用による成功事例は数多く存在し、補助金を受けた企業が生産性や競争力を向上させる一端を担っています。例えば、自動車部品メーカーのA社では、ものづくり補助金を活用して新しい製造ラインを導入しました。これにより、従来よりも生産効率が大幅に向上し、製品の供給量が増加しました。その結果、顧客からの信頼を高め、市場シェアの拡大に成功しました。

 また、ITサービス企業のB社では、ものづくり補助金を活用して業務プロセスのデジタル化を推進しました。受注から納品までの業務フローを効率化することで、従業員の生産性が向上し、顧客満足度も向上しました。さらに、クラウドシステムの導入により、業務の柔軟性が高まり、新たなビジネスチャンスを迅速に捉えることが可能となりました。

 ものづくり補助金の活用効果は、企業の経済活動においても顕著です。補助金を受けた企業は、新たな設備や技術の導入により生産性を向上させ、競争力を高めることができます。これにより、企業の売上高や利益が増加し、経済活動の活性化に寄与します。また、補助金を受けた企業が技術開発やイノベーションを推進することで、産業全体の成長にも貢献します。

 ものづくり補助金を受けた企業の成果は、地域経済や雇用にも大きな影響を与えます。補助金により成長した企業は、地域経済の中心となり、関連産業や地域の発展に貢献します。また、補助金を活用して生産性を向上させた企業は、従業員の雇用安定や賃金水準の向上にも寄与します。

 【引用元】 Ministry of Economy, Trade and Industry (METI). "ものづくり補助金の活用事例." https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/monodukuri/hojokin/case.html



Chapter 4: 補助金を活用するメリットと注意点

 補助金を活用することには多くのメリットがあります。まず、補助金を受けることで、企業は新たな設備や技術の導入、研究開発活動の推進など、競争力強化に必要な投資を行うことができます。これにより、生産性が向上し、製品やサービスの品質向上やコスト削減などが実現されます。さらに、補助金は資金調達の一助となり、企業の財務状況の改善につながることもあります。

 一方、補助金申請には注意点や課題も存在します。まず、補助金の申請は手続きが煩雑であり、適切な書類の提出や条件の適合などが求められます。また、補助金の申請期間や予算枠には限りがあり、競争率が高い場合には採択されないリスクもあります。さらに、補助金を受ける際には、一定の条件や制約が課せられることもあります。たとえば、補助金を受けるためには、特定の業種や用途に使われることが求められる場合があります。

 補助金を活用する際には、これらのメリットと注意点を十分に理解し、計画的に活用することが重要です。適切なプロジェクトの選定や申請書類の作成、申請期間や予算枠の把握など、準備が不可欠です。また、補助金を受ける際には、外部企業も含む関係機関や専門家との連携が重要となります。これにより、申請プロセスの円滑化や成功率の向上が期待できます。 

 【引用元】 Ministry of Economy, Trade and Industry (METI). "補助金活用のメリットと注意点." https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/monodukuri/hojokin/merit.html

Chapter 5: 補助金申請支援の専門家について

 補助金申請における専門家は、行政書士や中小企業診断士などがその代表的な存在です。彼らは、企業が補助金を適切に活用できるよう、申請から受給までの一連の手続きを支援します。行政書士や中小企業診断士は、補助金制度に関する深い専門知識を持ち、企業が補助金を活用するための条件や手続きを正確にアドバイスできます。また、補助金申請書類の作成や提出、補助金の利用計画の策定など、申請プロセス全般をサポートする役割も担います。

 補助金事務局も重要な役割を果たしています。事務局は、補助金制度に関する情報提供や申請・審査プロセスの総合的な管理など、広範な支援業務を行います。

 また、認定支援機関は、補助金申請支援業務の中でも特に重要な役割を果たしており、企業が適切な支援を受けられるよう、専門性の高いサービスを提供しています。

 補助金申請支援を行う専門家を選ぶ際には、いくつかのポイントに注意することが重要です。まず、補助金の申請においてそもそも必要な専門知識や経験を持っているかどうかを確認することが重要です。また、過去の実績や信頼性、提供するサービスの内容などを確認し、十分に検討することも大切です。専門家との相性もあるでしょう。さらに、費用や契約条件なども比較検討し、貴社にとって適切な専門家を選定することが求められます。 

 【引用元】 Ministry of Economy, Trade and Industry (METI). "補助金申請支援の専門家について." https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/monodukuri/hojokin/support.html

----------------------------------------------------------------------
行政書士/中小企業診断士 シーガル事務所
住所 : 東京都中央区銀座8-15-10
銀座ダイヤハイツ915
電話番号 : 03-5534-8262


東京で受ける補助金の申請支援

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。